LEHLE SUNDAY DRIVER SW II

€199.00 *

Prices incl. VAT plus shipping costs

Artikel-Nr.: 1031

Lieferzeit 17 Werktage

• ハイエンドプリアンプ/バッファ/ブースター • クラス A ディスクリート入力回路 • 30V テクノロジーによる 130 dB ものダイナミックレンジ • 2... mehr
エレキギターもしくはエレキベースのピックアップから取り出される音声信号は非常に微弱なため、低品質なケーブルや仕上がりの悪いハンダ、また安価な接点部品などは、音質劣化の原因となります。この微弱信号を劣化させることなく装置間で切り替えるためには、スイッチの接点部を特殊な素材で仕上げる必要があります。すべての Lehle スイッチャーは、リレーおよびスライドスイッチに特別な金メッキ接点を採用しているため、音質劣化の一切ない確実な信号の切り替えを約束します。
様々な楽器、エフェクター、およびアンプ類を素早く正確に切り替えることは、あらゆるライヴ環境において必要不可欠です。こういった切り替えを静かに、そして摩耗のないように行うため、私たちはキノコ型の円形のボタンスイッチと基盤上の検出器の間に特殊なバネを組み込んだスイッチング・システムを開発しました。ARM Cortex-M 技術に基づいたプロセッサが、スイッチング動作を非常に正確かつ迅速に検出します。従来のフットスイッチの寿命は約 2 万回ですが、ここで使用されているパーツの組み合わせでは、なんと機械的寿命 200 万回を達成—その差は 100 倍以上!
LEHLE フットスイッチ LEHLE 製品の特徴である操作しやすいキノコ型のボタンがカバーに取り付けられているため、足の圧力はバネを介して間接的にのみ伝達されます。そのため、電子ボードは機械的負荷にさらされないため、お手持ちの LEHLE ペダル製品は半永久的に壊れることなく、長年にわたりトラブルのないスイッチングを約束します。
真空管アンプのダイナミクスを最大限に引き出すため、このマークが付いた Lehle 製品の入力電圧は、電源端子部で整流化、平滑化、そして安定化され、30 V にまで引き上げられます。
ゲインコントローラを使って音量や歪みを調節することは、あらゆる状況で不可欠です。Lehle 製品のゲインコントローラには、アノダイズド・アルミニウム素材を使用したツマミが組み込まれているため、指先で簡単に操作できる他、ステージでの使用中や運搬時でも不意にツマミを動かしてしまう心配がありません。

• ハイエンドプリアンプ/バッファ/ブースター
• クラス A ディスクリート入力回路
• 30V テクノロジーによる 130 dB ものダイナミックレンジ
• 2 種類の異なるモードの選択
• ニュートラルなスタジオ品質のサウンド
• 切り替え可能な最大 +18 dB までのブースト
• バッファモードとトゥルーバイパスモード
• バランス型出力はファンタム電源を備えた DI ボックスとしても機能

LEHLE SUNDAY DRIVER SW II は、あらゆる種類のエレクトリックおよびアコースティック楽器に対応した小型サイズのハイエンドプリアンプです。エレキギター、エレキベース、アコースティックギターはもちろん、バイオリンやチェロ、コントラバスといった弦楽器類も、このプリアンプでその音色を最大限に引き出すことが可能です。この SW (切替可能)バージョンは、オリジナルの LEHLE SUNDAY DRIVER II にオン/オフ切替用のソフトタッチフットスイッチを加えたものです。

LEHLE 製品にはマイクロコントローラーおよびアクティブポップノイズ除去回路を備えたトゥルーバイパスリレーが採用されています。そのため、この LEHLE SUNDAY DRIVER SW II も機械的スイッチよりも迅速な切り替えを可能とし、さらに音質の劣化も摩耗もありません。
Lehle 製品に特有のキノコ型の円形ボタンスイッチがペダル上面部に装備されており、これを踏み込むと一本のバネによって非間接的に金属レバーが下がる仕組みになっています。そのため基盤には機械的な圧力が一切かかりません。これが LITTLE SUNDAY DRIVER SW II が堅牢かつ長寿命の秘訣です。

JFET 技術に基づいたクラス A 入力回路が搭載されており、金メッキ接点をもつモードセレクタースイッチで 2 種類のモード切り替えが可能です。「D」は、「ドライバー」を表し、このモードではギター信号は一切色付けされることなく増幅されます。これによって、長ケーブルまたはエフェクターを経由することで発生するシグナルロスが防げ、信号はそのダイナミクスを維持したまま強くクリアに保たれます。
「S」は、「サンデー」を表し、このモードでは入力インピーダンスが 5 倍に増加します。これによって、これまで不可聴だった細部までが聞き取れるようになるでしょう。LEHLE SUNDAY DRIVER SW II のゲインを持ち上げれば、ギタートーンに個性的な暖かみを加えることができます。信号への歪みは一切発生せず、たとえ +18 dB の最大ゲイン設定時でも信号は常にクリーンに保たれます。

LEHLE SUNDAY DRIVER SW II が誇る 130 dB 以上という高い S/N 比により、信号は不快なノイズから解放されます。真空管アンプの特性を最大限に引き出すため、入力電圧は DC ジャック部で整流化、平滑化、そして安定化され、 30 V にまで引き上げられます。 

LEHLE SUNDAY DRIVER SW II には、OFF の段階で 2 つの異なるモードがあります。一つは「TB(トゥルーバイパス)」モードで、リレーによって入/出力部が一切の信号ロスなしで結線されます。このトゥルーバイパスモードは、短ケーブルによるセットアップ時、もしくは LEHLE SUNDAY DRIVER SW II の後ろにトレブルブースターもしくはファズペダルを接続する場合に特に威力を発揮します。

信号の長距離伝送、もしくは複雑に組み合わされたエフェクトボード使用時には、ラインドライバーとして使用できます。もう一つの「TS(トゥルーサウンド)」モードに切り替えると、LEHLE SUNDAY DRIVER SW II はバッファとして機能します。この場合、選択モードが「S」か「D」かによって、入力インピーダンスが 5M オームもしくは 1M オームのラインドライバーとして使用できます。
LEHLE SUNDAY DRIVER SW II にはバイパスモードが備えられているため、あなたのセットアップに柔軟に組み込むことができるでしょう。もちろんサンデー(日曜日)以外にもお使いいただけますよ!

問:インピーダンス・コンバータの役割とはなんですか?
答:長いケーブル使用時に発生するシグナルロスが補正され、サウンドが蘇ります。

問:楽器の直後、エフェクトチェインの先頭にバッファ/インピーダンス・コンバータを挟むのにはどんな意味があるのですか?Sunday Driver についての話を聞いたのですが、それがどういう役割を果たし、私のペダルボードにそれが必要なのか今一分かりません。
答:トゥルーバイパス仕様のペダルであっても、繋いであるペダルの数が多くなればなるほど、シグナルパスは長くなり、それにともなって元の楽器信号も弱くなっていきます。一切ペダルを挟まず、楽器とアンプを高品位かつ短めのケーブルで直接接続し、音色のディテールやダイナミクスを注意して聴いてみると、その違いがお分かりいただけるでしょう。

問:エフェクトボード上でのシグナルロスはどうすれば補正できますか?
答:楽器信号の入力側は十分に高く、出力側は十分に低い、いわゆる「ロー出し/ハイ受け」を行うインピーダンス・コンバータを使えば補正できるでしょう。

問:コントラバスのピックアップ信号が弱過ぎて困っています。信号を色付けしたり歪ませることなく、レベルを上げることはできますか?
答:Sunday Driver なら、原音に歪みや色づけを加えることなく最大 15dB のブーストが可能です。

問:Julian と Sunday Driver の違いはなんですか?答:違いは EQ セクションにあります。Julian には、パラメトリックによるミッドとトレブルのコントローラーが新たに追加されているため、より柔軟な独自のサウンドを作ることが可能です。しかし、Julian には、Sunday Driver のように高い入力インピーダンスの「S(サンデー)」モードが搭載されていません。Sunday Driver とは異なり、Julian にはオン/オフ用のフットスイッチが大きなステータス LED と共に標準で装備されています。Sunday Driver には、フットスイッチ無しの通常バージョンとフットスイッチ付きの SW バージョン、さらにバランス型 XLR 出力を備えた XLR バージョンの 3 種類が用意されています

Gitarre & Bass 2020-02
Dirk Groll
This is really high end!
In the listening test, both devices fully deliver on all promises, scoring with the highest quality technology, practical features and the extremely clean sound transmission. This is really high end!
Weight 325 g
Length 3.55“
Width 3.8“
Overall height 1.85“
Supply voltage 9-15 V DC
Current consumption 64 – 165 mA
Max input level +20 dBu
Max output level +22 dBu
Level noise floor -110 dBu (20 Hz - 20 kHz)
Total harmonic distortion 0.008 % (0 dBu, 1 kHz)
Frequency range 20 Hz – 100 kHz
Input impedance D-mode 1 MΩ
Input impedance S-mode 5 MΩ
Output impedance 220 Ω
Max gain 18 dB

Ask Joki

Die mit einem * markierten Felder sind Pflichtfelder.

Joki Schaller Tel +49 2855 850070