RMI Basswitch IQ DI
商品番号 5000
App-1.png App-2.png
01-Gold-RS.jpg エレキギターもしくはエレキベースのピックアップから取り出される音声信号は非常に微弱なため、低品質なケーブルや仕上がりの悪いハンダ、また安価な接点部品などは、音質劣化の原因となります。この微弱信号を劣化させることなく装置間で切り替えるためには、スイッチの接点部を特殊な素材で仕上げる必要があります。すべての Lehle スイッチャーは、リレーおよびスライドスイッチに特別な金メッキ接点を採用しているため、音質劣化の一切ない確実な信号の切り替えを約束します。 02-4-band-EQ-double-parametric-mids.jpg EQ は、サウンドに必要な周波数帯域を持ち上げ、逆に不要な帯域をカットするためのものです。セミパラメトリック式の EQ で、中高域 (HM) と中低域 (LM) を分けて操作することにより、非常に個性的かつ正確なサウンド設定が可能となります。T ツマミはいわゆるシェルビング・フィルター式となっており、高域をコントロールします。B ツマミは低域の調節用です。HF および LF の各ツマミで中心周波数を設定し、HM および LM の各ツマミでレベルを調節します。ここで設定した周波数帯域はベル・フィルターでブースト/カットが行えます。 03-18V.jpg 真空管アンプのダイナミクスを最大限に引き出すため、このマークが付いた Lehle 製品の入力電圧は、電源端子部で整流化、平滑化、そして安定化され、18 V にまで引き上げられます。 05-Gain.jpg ゲインコントローラを使って音量や歪みを調節することは、あらゆる状況で不可欠です。Lehle 製品のゲインコントローラには、アノダイズド・アルミニウム素材を使用したツマミが組み込まれているため、指先で簡単に操作できる他、ステージでの使用中や運搬時でも不意にツマミを動かしてしまう心配がありません。 08-LTMZ.jpg Lehle LTMZ トランスフォーマーで、DI アウトをガルヴァニック絶縁することができます。真に物理的なガルヴァニック絶縁によってのみ、ライブやスタジオ環境に置けるグランドループ・ハムやノイズを完全に除去することができます。Lehle LTMZ トランスフォーマーは、最大 2000V までのピーク電圧まで絶縁されているため非常に安全です。しかもトーン成分は一切損失されません! 09-XLR.jpg このペダルには、バランス型の出力用に金メッキ接点による標準 XLR 端子(キャノン、オス)が装備されています。
「ベースプレイヤーのためのスイス・アーミーナイフ」—Basswitch がもつこのコンセプトは、ルクセンブルクの RMI 社代表ジャック・ルパート氏によるものです。このペダルの技術開発/回路製作は Lehle が行っています。ベースセットアップの中枢を担うコントローラーとして、このペダルには数多くの性能が備えられています:
  • Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジー
  • ピエゾピックアップ用のインピーダンス整合回路を搭載した入力 A/B スイッチ
  • スタジオグレードのプリアンプ搭載
  • 2 種類のセミパラメトリック・ミッドを備えた 4 バンド EQ
  • ブレンド/ミックス・コントローラーを備えた切替可能エフェクトループ
  • 切替可能エフェクトループはボリュームブースターとしても使用可能
  • シリアルエフェクトループ(切替不可)
  • パッド、プリ/ポスト、グラウンドリフトの各切替スイッチを備えたスタジオグレードの DI ボックス(ガルヴァニック絶縁を実現する Lehle LTMZ トランスフォーマー内蔵)
  • 9~20V のあらゆるタイプの AC/DC パワーサプライで駆動可能
  • チューナーアウト
  • ミュートスイッチ
  • ツマミ類を保護する非常に堅牢なデザイン
Basswitch IQ DI は、RMI のために Lehle がドイツ国内にて生産しています。www.rmi.lu
 
 
問:Basswitch IQ DI はピエゾピックアップでも使うことはできますか?
答:はい、異なる入力インピーダンスにも柔軟に対応しているため問題ありません。Basswitch IQ DI にはインピーダンス整合回路が搭載されているため、マグネティックピックアップにもピエゾピックアップにも対応しています。

問:Basswitch IQ DI の電源アダプターにはどれを使えば良いですか?
答:Basswitch IQ DI は、9V 以上 20V 以下(消費電流 130 mA 以上)のパワーサプライであればどんな種類のものでもお使いいただけます。AC/DC(直流/交流) および極性の区別も必要ありません。

問:Basswitch IQ DI のミックスコントローラーの役割はなんですか?
答:ほとんどのエフェクトペダルでは、原音信号とエフェクト信号をミックスすることはできません。その上、ペダルを通したことで原音が持つ力強いベース成分が失われ、魅力のない薄っぺらなサウンドになってしまう場合がほとんどです。このミックスコントローラーを使えば、0%(ドライ)から 100%(ウェット)まで好みに合わせて原音信号にエフェクト成分を加えることができます。

問:Basswitch IQ DI でパワーアンプをドライブさせることはできますか?
答:はい、Basswitch IQ DI はパワーアンプをそのまま鳴らすことができます。プリアンプは最大 15dB まで信号をブーストすることが可能です。

問:Basswitch IQ DI は、二つのまったく異なる楽器の切り替えに使うこともできますか?
答:はい、Basswitch IQ ID のチャンネル A には、両入力端子からの信号レベルを調節するためのカット/ブースト機能付きボリュームコントローラーが備えられています。

問:Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーとはなんですか?
答:Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーは、「楽器の持つサウンドおよび特性を、一切色付けすることなく最高の状態で伝送すること」という一つの目標を達成するための様々な基準に基づいているものです。これによってディテールを損失することのないオープンかつダイナミクスに富んだサウンドが達成できます。バッファーはメガヘルツの域まで問題なく伝送できるように開発されています。Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーが採用されたペダル製品には、金メッキ接点によるリレーもしくはスイッチが採用されているため、長年に渡り最小単位の電流でさえ一切ロスすることなく伝送することができます。