RMI Acouswitch Junior
商品番号 5005
Switcher-for-Acoustic-and-Electric-Instruments-1.png Switcher-for-Acoustic-and-Electric-Instruments-2.png
01-Gold-RS.jpg エレキギターもしくはエレキベースのピックアップから取り出される音声信号は非常に微弱なため、低品質なケーブルや仕上がりの悪いハンダ、また安価な接点部品などは、音質劣化の原因となります。この微弱信号を劣化させることなく装置間で切り替えるためには、スイッチの接点部を特殊な素材で仕上げる必要があります。すべての Lehle スイッチャーは、リレーおよびスライドスイッチに特別な金メッキ接点を採用しているため、音質劣化の一切ない確実な信号の切り替えを約束します。 02-Silent-Switch.jpg 様々な楽器、エフェクター、およびアンプ類を素早く正確に切り替えることは、あらゆるライヴ環境において必要不可欠です。こういった切り替えを静かに、そして摩耗のないように行うため、私たちはキノコ型の円形のボタンスイッチと基盤上の検出器の間に特殊なバネを組み込んだスイッチング・システムを開発しました。ARM Cortex-M 技術に基づいたプロセッサが、スイッチング動作を非常に正確かつ迅速に検出します。従来のフットスイッチの寿命は約 2 万回ですが、ここで使用されているパーツの組み合わせでは、なんと機械的寿命 200 万回を達成—その差は 100 倍以上! 03-4-band-EQ.jpg EQ は、サウンドに必要な周波数帯域を持ち上げ、逆に不要な帯域をカットするためのものです。4 バンド EQ を使えば、非常に直感的な操作でこれを行うことができます。中域は、特に楽器の主要な音域をカバーしているため、この中域を中高域 (HM) と中低域 (LM) に分けて操作することによって、より個性的なサウンドを達成することができます。T ツマミは高域を、B ツマミは低域をそれぞれコントロールします。T ツマミはシェルビング・フィルターとなっていますが、HM、LM、B ツマミはベル・フィルターによるブースト/カットとなっています。 04-Gain.jpg ゲインコントローラを使って音量や歪みを調節することは、あらゆる状況で不可欠です。Lehle 製品のゲインコントローラには、アノダイズド・アルミニウム素材を使用したツマミが組み込まれているため、指先で簡単に操作できる他、ステージでの使用中や運搬時でも不意にツマミを動かしてしまう心配がありません。 05-18V.jpg 真空管アンプのダイナミクスを最大限に引き出すため、このマークが付いた Lehle 製品の入力電圧は、電源端子部で整流化、平滑化、そして安定化され、18 V にまで引き上げられます。 06-XLR.jpg このペダルには、バランス型の出力用に金メッキ接点による標準 XLR 端子(キャノン、オス)が装備されています。
Acouswitch Junior は、ステージ上でエレクトリックとアコースティックの両楽器を演奏し、さらに一つのペダルで両楽器用のエフェクトを操作したいと願うミュージシャンを念頭に開発されたマルチ・コンパクト・ツールです。完全に独立した 2 系統の高インピーダンス入力端子を備えているため、エレクトリックとアコースティックの両セットアップを切り替える中枢を担うことができます。PA もしくはアンプにどの楽器信号を送るかを決めるのはあなた次第です。しかしその際、ケーブルの抜き差しは一切必要ありません。Acouswitch Junior は、アコースティックとエレクトリックの両楽器に対応しているため、アコースティックのみでも、エレクトリックとアコースティックを併用したセットアップでも柔軟にお使いいただけます。Acouswitch Junior には、出力端子としてアクティブ DI アウト (XLR) とラインアウトが備えられています。A/B スイッチは、セットアップに応じて柔軟な使用が可能となっており、例えば、入力端子に接続する楽器に応じて、DI アウトとラインアウトを相互にミュートすることができます。また、純粋にアコースティックのみのセットアップの場合なら、両出力端子を同時に使用することも可能です。両入力端子も、どちらか片方のみを使用することも、両端子をミックスして使用することもできます。Acouswitch Junior には、チャンネル A の 4 バンド EQ に加えて、シリアルエフェクトループ、ミュート機能を備えたチューナーアウト、そして内蔵型のクリーンブースト機能が搭載されています。エフェクトループ、ミュート機能、そしてブースト機能は、それぞれペダル上の MUTE/LOOP BOOST ボタンで操作することができます。ディスクリート JFET 入力段や金メッキ接点リレーといった Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーの採用により、ロスのない見事なトーンを約束します。Acouswitch Junior も、内部は 18 V で駆動しますが、9 V から 15 V までのあらゆる AC および DC アダプタに対応しています。ツマミ類を保護する非常に堅牢なデザインと決して壊れることのないスイッチングのメカニズムにより、長年に渡ってアコースティックとエレクトリックの両セットアップをお楽しみいただけるでしょう。
 
 
問:Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーとはなんですか?
答:Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーは、「楽器の持つサウンドおよび特性を、一切色付けすることなく最高の状態で伝送すること」という一つの目標を達成するための様々な基準に基づいているものです。これによってディテールを損失することのないオープンかつダイナミクスに富んだサウンドが達成できます。バッファーはメガヘルツの域まで問題なく伝送できるように開発されています。Lehle トゥルー・サウンド・テクノロジーが採用されたペダル製品には、金メッキ接点によるリレーもしくはスイッチが採用されているため、長年に渡り最小単位の電流でさえ一切ロスすることなく伝送することができます。